地域による通勤方法の違い

地域によって、通勤方法は異なっています。例えば田舎では、車で通勤する人がほとんどで、都会では、車で通勤する人もいますが、地下鉄やバスなどの公共交通機関をを使って通勤する人が多いです。では、地域によって通勤方法がそのように異なってくるのは、何故なのでしょうか。僕が考える理由は二つです。一つ目は、地下鉄やバスなどの公共交通が発達しているかどうか、です。田舎でもバスや電車はもちろん走っていますが、本数が少ない上に終電が早いのです。これでは、もしも残業をして遅くなってしまったときなどに、帰る手段がなくなり、困ってしまいます。さらに、運賃も都会と比べて高いです。ですから、田舎では車での通勤の方が適しているのです。二つ目は、人口の違いです。当然、田舎よりも都会の方が人口は多いです。道路を走る車の数も、それに比例して多くなります。通勤時に渋滞に巻き込まれるのは、誰でも嫌なものです。それを避けるために、都会では公共交通機関を利用して通勤する人も多いのではないかと思います。今はまだ地域によって通勤方法は違いますが、もしも田舎でも公共交通機関がもっと発達すれば、車に乗って通勤する人の数も少なくなります。僕は、将来的にそうなることを願っています。車で通勤する人の数が少なくなれば、その分道路を走る車の数が減り、事故の件数を減らすことができるからです。さらには地球温暖化の防止にもなり、一石二鳥だと思います。

Filed under: 旅行 — jobss 11:41 AM

お世話になっているサイト

トラリピ
http://fx.blogmura.com/traptradegroup/