料理を趣味にすると計画力もつく

段取りを考えるのが上手い人というのは、それを仕事にも活かしています。
計画して実行するというスタイルが身についているのでしょう。また、その中で非効率な点が見つかればその問題点を徹底的に洗い出して取り除くことも上手です。
料理を趣味にしている人にもこの段取り力が求められます。
料理というのは、食材を用意して置いて、切ったり焼いたりという作業を手早くこなして行く必要があります。
のんびりしていると焦がしてしまったり、食材を入れるタイミングに間に合わなくなったりします。
そのため、調理を始める前にある程度計画を立てて行う必要が出てきます。

料理には算数や数学の力をつける効果もあるそうです。
算数や数学もまた効率の良い計算方法や式の導き方を身につける必要があります。
料理をしていれば算数や数学を全く勉強しなくても点が取れるというわけではありませんが、こういった学科に必要な段取り力がつくという点では、料理というのはプラスの効果が期待出来ます。
また、料理によって培われた段取り力は算数や数学の場面だけではなく、人生を歩んでいく上でも大きな力になります。
これを持っているかいないかだけでも、これからの人生が変わって行くかもしれませんね。

Filed under: 趣味・ホビー — jobss 2:38 AM

料理を趣味と言えれば食が更に喜びに

「食」は文化というようなことを申しますけれども、昨今では様々なメディアでグルメブームを煽るような風潮となっていますが、ちょっと過剰で大げさかなと感じる部分もありますけども、生きるために毎日欠かすことの出来ない食事に、キャッチーな喜びを与える要素としては、世の中に良い影響を与えている現象といえるでしょう。そういった中で、男女年齢問わず食に対する関心は高まっており、趣味として料理を楽しむという方も、非常に多くいらっしゃるようです。

グルメ番組や料理本、インターネットサイトでは、数え切れない「食」に関する情報が行き交っていますし、有名シェフや芸能人などの料理のレシピなども公開されていることが多く、自分も普段テレビなどで目にする有名人や一流シェフと、「食」に関する喜びを共有したい、バーチャルな感覚殻満足や知り合いなどとの間で、誰々のレシピを試してみたらどうだった、というような四方山の話題としての楽しみ方などにもつながりますし、好きこそ物の上手という言葉もありますように、料理そのものを、日々日常仕方なくやらなければいけない作業という感覚でなく、趣味として楽しむという感覚でいれば、「食」に対するプラスアルファの喜びを得られるようになると思います。

Filed under: 趣味・ホビー — jobss 12:18 PM

特に趣味が料理ではないが料理は好き

私は特に趣味が料理というわけではありませんが、料理をするのはすごく好きです。
昔は本当に料理は嫌いでした。

でも、結婚して妻になった事で料理は妻がしなければならないと自分で思っていました。
私の母は専業主婦で料理が本当に上手で色々な料理を作ってくれますし、色々な国の料理にチャレンジする人です。
そんな母を見ていたからなのか、妻になり料理をする事に抵抗は全くありませんでした。

しかし、腕はというとひどいものでした。
最初は適当に見よう見まねで料理を作っていました。

しかし、それでも本当においしくありませんでした。

なので、私の母に色々聞いたりネットで調べたりとかしていました。
それでも、最初の頃はなかなか料理の感覚がつかめずにおいしく出来ませんでした。
カレー一つでもよく失敗していました。
料理の基本を知らなかったのだと思います。

でも、さすがに主婦になって4年になると腕もすっかり上達して私の両親に振舞う事が出来るようになりました。
両親もおいしいと言ってくれます。
料理が私の趣味になることはこれからもないと思いますが、それでも料理はすごく好きなのでこれからもみんながおいしいと言ってくれる料理をがんばって作っていこうと思います。

Filed under: 趣味・ホビー — jobss 5:48 AM

お世話になっているサイト

トラリピ
http://fx.blogmura.com/traptradegroup/