医者は食事をする時間もない

お医者さんという人は私たちが生活する上でもすごく大切な存在ではありますが、お医者さんの仕事は大変だと思います。それは命を預かるような仕事でもあるし、また、大きな病院になると昼夜問わずいつでも患者さんが来ますから、ゆっくりしていられるときはないでしょう。また手術などをすれば何時間も拘束はされるし、最近では医師も不足しているので、連続で何日も勤務をしいられるという所もあるようです。また、個人クリニックなどのような場所でも人気のあるような小児科などでは、午前中の診療時間が済んでも、受付を済ませている人がいればすべて終わらせないといけないので、午後の診療時間近くまで診察をしているぐらい込み合っているところもあります。
そう考えると医者というのは決まった時間に食事をとれるということは少ないと思いますし、本当に忙しい病院になるとろくに食事も出来ない日があってもおかしくはありません。また、いつ患者さんが来てもいいように時間が少しでもあればさっと食事を済ませ、休憩や仮眠している人もいるでしょう。それだけ神経を使いながら仕事をしたりする医師なのですごく疲労も溜まることがあるでしょう。特に食事がまともに取れないような状況になるのは外科などの診療科目だとは思いますが、どの診療科目にしろ忙しいときは忙しいです。医師不足が少しでも解消されると医師が立たされている環境はさらによくなると思います。改善されるすべはないのでしょうか。

Filed under: 健康・医療 — jobss 9:51 AM

医者とスポーツ選手の食事や薬の関係

医者とスポーツイベントの関係が重要な事は、試合会場に居ればよく解ります。怪我から選手を守るためには、医者は必要不可欠な存在でもありますし、試合や競技を構成するスタッフとして居てくれなくては開催イベントとして許可してもらえません。競技の記録を更新するためにも、コーチと共にスポーツドクターが付ききりで取り組んでいる選手も居ますし、そうした選手が世界的に活躍しています。
医者はスポーツの技術的なことはわからなくても、激しく消耗するエネルギーがどのように作られているかは知っていますので、スポーツに適した食事の献立を立てることが出来ます。スポーツ選手に限らず、大勢に食事を提供する食堂の献立作りに、医者は関係しています。身体の健康を、維持促進させる事は、食事なしには考えられず、まして薬の処方箋で健康を作ることは出来ません。伝統的な競技のスポンサーの中には、製薬会社も含まれていて、強化選手に特化した食品が提供されるようです。純粋に競技に打ち込む選手が、それらの食品を摂ることは選手としては正しい事だと思います。練習の一部として、食事もトレーニングメニューに含まれていることでしょう。ただし、体を強化する食品成分が、公式に認められているものかどうかを判断するのは選手ではなく、医者の役目です。禁止薬物により、選手が追放され責任の全てをとらされているような話も聞きますが、イベントにおける医師の立場と発言の強制力に疑問が残ります。

Filed under: 健康・医療 — jobss 7:45 AM

住宅展示場のモデルハウスは一度入るとなかなか出て来れない

過去に一度だけモデルハウスが立ち並ぶ、住宅展示場に行った事があります。
いつか建てる時がくるであろう、自分たちのマイホームの為に見学をしてきました。
住宅展示場は新宿駅から無料の送迎バスがで出ており、モデルハウスが立ち並ぶ家の前まで連れていってくれました。
そこには自分たちが将来建てたいと思っているサイズよりもはるかに大きい住宅が並んでいました。
どこのメーカーも一度は名前を見たり聞いたりした事がある会社ばかりです。

子供を連れていったので、各住宅メーカーの方達は、まず子供の気を引こうと必死でした。
キャンディをくれたり、風船をくれたり、子供がそれにつられていっている間に、大人にパンフレットを見せる、説明をしていました。
一度、モデルハウスの中に入ると自由に見せてもらえません。そして、簡単にも出してもらえません。少し対応が良いなと思ったスタッフの方に話を聞き始めると、なかなか終わらず、子供達が「帰りたい」と騒ぎ出しても、モデルハウスから出してもらう事はできませんでした。

初めてのモデルハウス体験がそのような感じだったので、それ以来住宅展示場にはいっていません。いろいろと見て勉強をしたいなとは思うのですが、もう少しシステムを柔軟にしてもらえると足が進むと思います。

Filed under: 住まい — jobss 1:01 AM

住宅においてはモデルハウスの装備に惑わされない

マンションを購入するとき、すでに建てられている場合は、実際の物件を見ることができます。

しかし最近は、建設中に完売になることが多いです。
ですから、実際の物件を見て購入しようと思ったら、購入できないこともあります。
では、それらの人は何を見て購入したのかです。
それはモデルハウスになります。
建設中の場所から、少し離れたところに、別途建物が用意されています。
そちらに複数の間取りが用意されていて、簡単に中を確認することができます。

こちらにおいては、住宅を販売するためのところであることを忘れてはいけません。つまりは、買う気にさせるようになっています。
本来であれば、初めて入居するときには、部屋の中には何もありません。
でもこちらには、生活を想像しやすくするために、家具であったり、家電製品などが並べられています。
それも、高級なものが置かれていることが多いです。
実際自分たちが生活しようとすると、それらのものを購入するにはコストがかかることがあります。

別のこととしては、家具などに小さいものを使っていることがあります。
そうすることで、部屋を大きく見せようとするのです。
ですから、本格的に購入を決めるのであれば、メジャーなどを持って行って、測るようにします。

Filed under: 住まい — jobss 6:31 PM

お世話になっているサイト

トラリピ
http://fx.blogmura.com/traptradegroup/